薬通販ベストケンコー > プロザック大全 > 抗うつ剤使用のポイント > うつ病の診断基準

世界最大級のオンライン・ドラッグストア

抗うつ剤・抗不安薬 匿名で手軽にジェネリック調達

うつ病の診察診断基準(米国精神医学会)

以下の症状のうち、少なくとも1つがある

1.抑うつ気分
2.興味または喜びの喪失

さらに、以下の症状を合わせて、合計で5つ(またはそれ以上)が認められる

3.食欲の減退あるいは増加、体重の減少あるいは増加
4.不眠あるいは睡眠過多
5.精神運動性の焦燥または制止(沈滞)
6.易疲労感または気力の減退
7.無価値感または過剰(不適切)な罪責感
8.思考力や集中力の減退または決断困難
9.死についての反復思考、自殺念慮、自殺企図

備考

※上記の症状がほとんど1日中、ほとんど毎日あり、2週間にわたっている。
※症状のために著しい苦痛または社会的、職業的、または他の重要な領域における機能の障害を
 引き起こしている。
※これらの症状は一般身体疾患や物質依存(薬物またはアルコール)では説明できない。


抗うつ剤使用のポイント MENU

うつ状態の治療には薬物療法の他にも心理療法などさまざまな治療方法があるが、抗うつ剤を中心とした薬物療法が最も早く効果を発揮させ、確実に効果を表すとされている。副作用に注意しながら、治療効果が最大限に得られるようにしていくことが大切である。

□ 抗うつ剤使用のポイント
 ・抗うつ剤の基礎知識
 ・うつ病の診断基準
 ・抗うつ剤の種類
 ・「うつ」を科学で解明できるか?
 ・第一世代の抗うつ薬 | MAO阻害薬
 ・日本で一般的に用いられるている抗うつ薬 | 三環系抗うつ薬
 ・抗うつ薬と抗不安薬の違い
 ・幸福感も自殺もセロトニン次第?
 ・新生代の抗うつ薬 | SSRIの登場
□ 抗うつ剤の副作用
□ 抗うつ剤の飲み合わせ
□ 抗うつ剤の依存性
□ 抗うつ剤の種類と働き
 ・SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬) | 抗うつ薬の種類
 ・SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬) | 抗うつ薬の種類
 ・三環系抗うつ薬 | 抗うつ薬の種類
 ・四環系抗うつ薬 | 抗うつ薬の種類
 ・NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬 | 抗うつ薬の種類
□ ジェネリック医薬品とは?


うつ病治療薬・抗うつ剤の個人輸入代行通販購入

>>>海外の医薬品通販ならベストケンコー / 配送100%保障!正規品100%保障!満足度100%!

うつ、メンタルケアのお薬は、プロザックのジェネリックFluoxetine(塩酸フルオキセチン)が成分のフルニル10mgやファイザー製のゾロフト100mgなどをベストケンコーより個人輸入可能です。ベストケンコーでは、うつ病や心の病を患っている方に対し薬の個人輸入で少しでもお手伝いできればと思います。

個人輸入代行

24時間OPEN
商品代金だけで全国どこでも商品無料!




100%正規品・満足度・配送保証



全国送料無料!