薬通販ベストケンコー > プロザック大全 > 抗うつ剤使用のポイント > 抗うつ剤の基礎知識

世界最大級のオンライン・ドラッグストア

抗うつ剤・抗不安薬 匿名で手軽にジェネリック調達

うつ病治療薬使用のポイント

抗うつ剤の基礎知識

わが国ではここ数年来,年間自殺者が3万人を突破しており、これは交通事故による死亡者の4倍を超える数字である。自殺者の30〜60%がうつ病に罹患しているとの報告もあり、うつ病対策は国家的問題となってきている。わが国におけるうつ病の生涯有病率も14%以上であるとの報告があり,看過できない。うつ病は適切な診断と治療がなされれば良い経過をたどることが多い疾患であるため,主治医の責任は大きい。うつ病患者は身体的な不調を伴うことが多いため、精神科以外の一般医を受診するケースも多く、軽症うつ病患者の80%がプライマリ・ケア医を初診しているとの報告もある。そのため、他科の医師との密な連携も必須となるであろう。

治療薬使用のポイント

☆抗うつ薬においては,三環系抗うつ薬に代わり、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)や選択的セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)といった使いやすく、効果的な薬剤が第一選択薬となってきている

☆抗うつ薬が十分な臨床的薬理作用を発揮するまでは、少なくとも2〜4週間は必要であるといわれている。この期間に臨床医が治療を焦りすぎると、いたずらな多剤併用を招く可能性があるため注意が必要である。

☆単剤治療での臨床経験を十分に積み、それぞれの薬剤の特徴をつかみ、自分なりの使用感を身につけることが大切である。

治療薬の使用にあたって

☆治療薬が不十分な用量で用いられている場合、抗うつ効果も不十分になりやすいので注意する。

☆薬剤によっては、肝臓に存在する薬物代謝経路を特異的に阻害するものがあるため、他剤との相互作用を考慮する必要がある。

☆まれに、抗うつ薬投与中の患者において、不安・焦燥・興奮・パニック発作・不眠・易刺激性・敵意・攻撃性・衝動性・アカシジア/精神運動不穏・軽躁・躁状態などが生じ、基礎疾患の悪化あるいは自殺念慮、自殺企図、他害行為などが出現する可能性があるため、注意深い観察が必要である。

服薬指導

☆効果が出現するまで時間がかかります。十分に時間をかけ、焦らずに治療をすすめていきましょう。

☆不十分な投薬量では効果も不十分になりがちです。副作用が気にならない範囲で投薬量を上げていきますので心配なさらないでしっかり服薬してください。


抗うつ剤使用のポイント MENU

うつ状態の治療には薬物療法の他にも心理療法などさまざまな治療方法があるが、抗うつ剤を中心とした薬物療法が最も早く効果を発揮させ、確実に効果を表すとされている。副作用に注意しながら、治療効果が最大限に得られるようにしていくことが大切である。

□ 抗うつ剤使用のポイント
 ・抗うつ剤の基礎知識
 ・うつ病の診断基準
 ・抗うつ剤の種類
 ・「うつ」を科学で解明できるか?
 ・第一世代の抗うつ薬 | MAO阻害薬
 ・日本で一般的に用いられるている抗うつ薬 | 三環系抗うつ薬
 ・抗うつ薬と抗不安薬の違い
 ・幸福感も自殺もセロトニン次第?
 ・新生代の抗うつ薬 | SSRIの登場
□ 抗うつ剤の副作用
□ 抗うつ剤の飲み合わせ
□ 抗うつ剤の依存性
□ 抗うつ剤の種類と働き
 ・SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬) | 抗うつ薬の種類
 ・SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬) | 抗うつ薬の種類
 ・三環系抗うつ薬 | 抗うつ薬の種類
 ・四環系抗うつ薬 | 抗うつ薬の種類
 ・NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬 | 抗うつ薬の種類
□ ジェネリック医薬品とは?


うつ病治療薬・抗うつ剤の個人輸入代行通販購入

>>>海外の医薬品通販ならベストケンコー / 配送100%保障!正規品100%保障!満足度100%!

うつ、メンタルケアのお薬は、プロザックのジェネリックFluoxetine(塩酸フルオキセチン)が成分のフルニル10mgやファイザー製のゾロフト100mgなどをベストケンコーより個人輸入可能です。ベストケンコーでは、うつ病や心の病を患っている方に対し薬の個人輸入で少しでもお手伝いできればと思います。

個人輸入代行


24時間OPEN
商品代金だけで全国どこでも商品無料!




100%正規品・満足度・配送保証



全国送料無料!