薬通販ベストケンコー > プロザック大全 > 社会不安障害(SAD)の解説 > 社会不安障害(SAD)の治療

世界最大級のオンライン・ドラッグストア

抗うつ剤・抗不安薬 匿名で手軽にジェネリック調達

社会不安障害(SAD)治療で、人生は確実に変わっていく

 社会不安障害(SAD)は、少なくとも80年代以前は、病気とは認められていませんでした。それが現在になって「じつは性格なんかではなくて病気だったんですよ」と言えるようになった理由は、一つには新しい治療法が登場し、こういった緊張や不安によるさまざまな症候群が治るようになってきたからです。最も大きな出来事は、やはりSSRIという薬の登場と言えるでしょう。社会不安障害(SAD)を薬で治すことに抵抗を感じる人もいるでしょうが、薬の力を一時的に借りるだけです。今まで失敗してきた場面を成功させ、その成功体験を積み重ねることにより自信を定着させる。そして自信がつき心が安定するとセロトニンバランスも回復していきます。好循環となるのです。薬はそのための橋渡しとして使うのです。成功体験を積み重ね、失敗体験を打ち消すのです。ですから、快楽のために麻薬を使うようなことではありません。薬物療法によって脳内物質のバランスが正常に戻り、それによって緊張や不安の度合いが軽くなり、それにともなって行動も変わってきます。そんな自分を経験していくなかで「自信」という、とても大切なものを手にし、最終的には薬を卒業していくことができます。治るのです。

 社会不安障害(SAD)の治療で使われる薬には、大きく分けて2つの柱があります。一つは、社会不安障害(SAD)という病気を引き起こす一因となっている、脳内物質のアンバランスを整える薬です。これは病気の根本原因の一つを治していく治療になりますから、頓服ではなく、中長期的にのみつづけます。脳の不安体質を変えていく基準薬です。言い換えれば不安の脳内スイッチを入りにくくするものです。具体的には、セロトニンのはたらきを良くするSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)という薬が主役となります。あるいは、患者さんによってはセロトニンとノルアドレナリッのはたらきを良くするSNRI(セロトニンーノルアドレナリン再取り込み阻害薬)を使う場合もあります。 もう一つは、その患者さんが緊張や不安を感じる場面の前に、頓服する薬です。「頓服」というのは、そのときだけ服用するという意味です。

 たとえば、頭痛持ちの人でも、毎食後必ず鎮痛薬をのむわけではありません。頭痛が起こったとき、あるいは起こりそうなときに、のむわけです。あるいは風邪を引いて病院へ行くと「これは熱が上がったらのんでください」と、解熱剤を渡されます。そのような薬ののみ方を「頓服」と言います。社会不安障害(SAD)の薬物療法は、「過去の経験によって学習された不安や恐怖」をおさえるためにSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)を中長期的に使い、一方で「いまそこにある不安」に対して抗不安薬を頓服として使っていくという、両輪で行われていくことになります。

 SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)というのは「セロトニンの再取り込みだけを阻害する薬」という意味で、その薬の作用を示しています。このSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)の作用をもつ薬剤は、一つではありません。そしてそれぞれの薬剤のなかに、各製薬メーカーが製造した製品がいくつかあるわけです。SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)は、1988年にはじめて米国で認可された「プロザック」(薬剤名=塩酸フルオキセチン)の登場で、副作用の少ない新世代の抗うつ薬として世界的に知られるようになりました。米国では発売後すぐ、落ち込んだり気分が重いときの「魔法のクスリ」「ハッピードラッグ」と評判になり、いまや「プロザック」は世界中で2000万人以上の人が使っているといわれています。

 日本では1999年5月にようやくフルボキサミンというSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)が認可され(商品名「デプロメール」と「ルボックス」)、薬が処方できるようになりました。また2000年には塩酸パロキセチッ(商品名「パキシル」)、2006年7月には塩酸セルトラリン(商品名「ジェイゾロフト」)が使えるようになりました。社会不安障害(SAD)という病気が認められるようになったのは1980年代のはじめですが、治療法などの研究が注目を集めるようになったのは90年代になってからでした。したがって社会不安障害(SAD)の治療には当初、抗不安薬を中心に使用されていましたが、薬物に対する依存症や副作用などの問題がありました。より安全で副作用の少ないSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)が社会不安障害(SAD)に有効であると認められ使われるようになったのは、90年代の半ば以降です。フルボキサミン、パロキセチン、セルトラリンなどを実際に患者さんに投与して改善率を調べた研究では、それぞれはっきり効果があることが報告されています。

 2005年になって、日本ではようやくフルボキサミンが社会不安障害(SAD)治療の適応薬として認められ、保険で使えるようになりました。また、パロキセチンも2009年に社会不安障害(SAD)の治療薬として認可が下りました。日本で正式に社会不安障害(SAD)治療のSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)として使える薬は、現在のところフルボキサミンとパロキセチンだけですが、将来的にはもっとバリエーションが増えることが予想されます。こうして現在では、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)の投薬は社会不安障害(SAD)治療の主役となりました。


社会不安障害(SAD)の解説

社会不安障害(SAD)と言われる、スピーチ恐怖、対人恐怖、視線恐怖、赤面恐怖、発汗恐怖、外食(会食)恐怖、書痙、振戦恐怖、腹鳴恐怖、電話恐怖、排尿恐怖、引っ込み思案、恥ずかしがり屋、あがり症は治ります。人に対して緊張や不安や恐怖を覚え、それを回避していることで人生にマイナス点を残しているのなら、適切な治療によって確実に治っていきます。

□ 社会不安障害(SAD)とは?
□ 社会不安障害(SAD)の症状
□ 社会不安障害(SAD)の原因
□ 社会不安障害(SAD)の治療


うつ病治療薬・抗うつ剤の個人輸入代行通販購入

>>>海外の医薬品通販ならベストケンコー / 配送100%保障!正規品100%保障!満足度100%!

うつ、メンタルケアのお薬は、プロザックのジェネリックFluoxetine(塩酸フルオキセチン)が成分のフルニル10mgやファイザー製のゾロフト100mgなどをベストケンコーより個人輸入可能です。ベストケンコーでは、うつ病や心の病を患っている方に対し薬の個人輸入で少しでもお手伝いできればと思います。

個人輸入代行

24時間OPEN
商品代金だけで全国どこでも商品無料!




100%正規品・満足度・配送保証



全国送料無料!