薬通販ベストケンコー > プロザック大全 > 社会不安障害(SAD)の解説 > 社会不安障害(SAD)の原因

世界最大級のオンライン・ドラッグストア

抗うつ剤・抗不安薬 匿名で手軽にジェネリック調達

人はなぜ、社会不安障害(SAD)になるのか?

 社会不安障害(SAD)の患者さんは、特定の場面に対する恐怖をつねに抱きつつ生活しています。非常につらい人生であるわけですが、それは決してその人のせいではありません。なぜなら、病気だからです。なぜ病気と言えるのかというと、わかりやすく言えば「適切に薬を服用することによって多くの場合良くなっていくから」です。良くなれば、薬をやめても問題は起こらないようになり、その人の社会的な能力は正しく発揮されるようになります。

 社会不安障害(SAD)は病気です。病気であるからには原因があるはずです。その原因をなくすことが、社会不安障害(SAD)の治療の目的です。治療により成功体験をふやし、失敗体験で傷ついた心をいやしていくのです。成功体験と失敗体験のバランスを治療で逆転させていくのです。社会不安障害(SAD)は脳の深い部分の潜在意識に関わっている病気で、その解明も困難をきわめていますが、ある程度の原因はつかめています。

 まず、社会不安障害(SAD)の発病には遺伝的な関連があることがさまざまな研究で明らかにされています。たとえば、遺伝情報がまったく同じ一卵性双生児は、二卵性双生児に比べて双生児の両方に社会不安障害(SAD)が現れる割合が高くなります。また、いわゆる引っ込み思案の性格が親から子に伝わることもわかっていますが、この遺伝要因は成長していく過程で社会不安障害(SAD)を発症する危険因子になると考えられています。

 また、もともとその人の個性として不安を感じやすい人と感じにくい人がいることは事実です。不安を感じやすい人は、それだけ社会不安障害(SAD)発症の危険も大きいと考えられます。この不安を感じやすいという性質も、遺伝することがわかっています。不安をコントロールしている脳内物質のひとつに「セロトニン」があり、これが十分にはたらく人は不安を感じにくいわけです。ところが、セロトニンを運搬する「セロトニンートランスポーター」の遺伝子が短い人はセロトニンを有効利用しにくいために、不安を感じやすくなるのではないかと言われています。

 昔から「日本人はプレッシャーに弱い」と言われますが、日本人の多くはこの不安型の遺伝子をもっていて、楽天的なラテン系の人種は不安に強い遺伝子をもっているとも言われています。たしかに、ラテンアメリカ系の国々の自殺率は、日本に比べてはるかに低いのです。社会不安障害(SAD)の発症は、このような遺伝的な要因も決して小さくありません。遺伝子工学は急激に進歩していて、医療の面でもいくつかの難病の治療に対して期待がもたれています。いまふえている生活習慣病というのは遺伝子の要因がベースとなる病気ですから、その予防法や治療法は将来的に大きく変わっていくかもしれません。

 しかし、遺伝子治療は、倫理的な問題も含めてまだまだ未来の医療というのが現状です。社会不安障害(SAD)の治療でも、遺伝要因をどうにかするということはまだ行われていません。では、なぜ社会不安障害(SAD)は治るようになったのかというと、一つには脳内に分泌されるいくつかの物質を、SSRIという薬によってコントロールすることが可能になったからです。つまり、社会不安障害(SAD)というのは脳内でつくられている物質のバランスが直接的な原因になっている、ということがわかってきたのです。

 ヒトの脳は、およそ140億個もの細胞が集まってできています。ほかの臓器と違うのは、そのたくさんの細胞がお互いにはたらきをコントロールして、脳全体として一つの秩序をつくりあげているということです。いかに多くの細胞が集まっていても、個々がバラバラに勝手なことをしているのでは脳の意味がありません。その140億もの細胞のはたらきをコントロールして全体の秩序を保っているのは、脳細胞自身がつくっている「脳内物質」であることがわかってきました。たとえば私たちは一心不乱に集中できるときと、注意力が散漫になったりやる気が起きなかったりするときがあります。このような精神状態も、いろいろな脳内物質のバランスによって起こっているのです。

 私たちが不安を感じ、しかしそれを克服し、乗り越えていくのも、いつも瞬間瞬間で放出され機能している脳内物質によってコントロールされていることがわかってきました。たとえば、社会不安障害(SAD)の患者さんに話をうかがっていてよく耳にするのが、スピーチなどで人前に立ってしゃべろうとすると「頭が真っ白になって、言葉が出なくなる」という言葉です。これについても、最近は科学的に説明できるようになりました。

 というのは、社会不安障害(SAD)の患者さんは、緊張する場面になると脳内の「扁桃体」という部分が活発にはたらいていることがわかりました。扁桃体は、恐怖や不安をコントロールしている中枢です。社会不安障害(SAD)の患者さんは、緊張する場面に直面すると、脳内の血液が扁桃体に急激に集まるために、意識や論理(言葉)の中枢である大脳皮質の血流が低下し、脳貧血のような状態になって「頭が真っ白になる」というのです。

 社会不安障害(SAD)の人は不安の脳内スイッチが入りやすくなってしまっているのです。このような扁桃体のはたらきが異常に亢進するのも、脳内物質の変化によって起こっているのです。私たちの精神や心や気持ちといったものは、脳内のちょっとした状況の変化(物質バランスの変化)でガラリと変わります。かつては性格と思われていた「あがり症」、つまり社会不安障害(SAD)という病気も、脳内物質の量的なバランス異常が直接的に影響して起こっていることが現在では明らかになっています。


社会不安障害(SAD)の解説

社会不安障害(SAD)と言われる、スピーチ恐怖、対人恐怖、視線恐怖、赤面恐怖、発汗恐怖、外食(会食)恐怖、書痙、振戦恐怖、腹鳴恐怖、電話恐怖、排尿恐怖、引っ込み思案、恥ずかしがり屋、あがり症は治ります。人に対して緊張や不安や恐怖を覚え、それを回避していることで人生にマイナス点を残しているのなら、適切な治療によって確実に治っていきます。

□ 社会不安障害(SAD)とは?
□ 社会不安障害(SAD)の症状
□ 社会不安障害(SAD)の原因
□ 社会不安障害(SAD)の治療


うつ病治療薬・抗うつ剤の個人輸入代行通販購入

>>>海外の医薬品通販ならベストケンコー / 配送100%保障!正規品100%保障!満足度100%!

うつ、メンタルケアのお薬は、プロザックのジェネリックFluoxetine(塩酸フルオキセチン)が成分のフルニル10mgやファイザー製のゾロフト100mgなどをベストケンコーより個人輸入可能です。ベストケンコーでは、うつ病や心の病を患っている方に対し薬の個人輸入で少しでもお手伝いできればと思います。

個人輸入代行

24時間OPEN
商品代金だけで全国どこでも商品無料!




100%正規品・満足度・配送保証



全国送料無料!