薬通販ベストケンコー > プロザック大全 > 社会不安障害(SAD)の解説 > 社会不安障害(SAD)の症状

世界最大級のオンライン・ドラッグストア

抗うつ剤・抗不安薬 匿名で手軽にジェネリック調達

社会不安障害(SAD)のさまざまな症状

社会不安障害の症例
スピーチ恐怖・・・人前で発表したり、スピーチができない
対人恐怖・・・人の存在が怖い、人と一緒だといつも不安
視線恐怖・・・人の視線が怖い、人と目を合わせられない
赤面恐怖・・・緊張したりあがったりすると顔が真っ赤になって恥ずかしい
発汗恐怖・・・緊張すると汗びっしょりになってしまうことが恥ずかしい
外食(会食)恐怖・・・外で食事ができない、他人と一緒に食事ができない
書痙・・・人前で文字を書こうとすると、手がひどくふるえて書けない
振戦恐怖・・・人に見られていると手がふるえる
腹鳴恐怖・・・自分のお腹が鳴ることが気になって何もできない
電話恐怖・・・電話が怖く、出ると声がふるえてしまう
排尿恐怖・・・公衆トイレで人と並んでオシッコができない


スピーチ恐怖
 社会不安障害(SAD)の症状としていちばん多いのが、この「スピーチ恐怖」です。大勢の前で挨拶をしたり、初対面の人が集まったグループで自己紹介をしたり、結婚式でスピーチをしたり、ということはだれでも緊張します。自分の番が近づいてくれば胸がドキドキしたり汗をかいたり、というのはむしろふつうの反応です。でも、多くの人は、緊張しながらもなんとか頑張って乗り越えます。決してうまくはできなかったとしても、なんとか終わらせることができ、そういう経験を重ねるうちに少しずつ慣れてくるものです。しかし、ときには緊張のあまり頭が真っ白になってブルブルふるえたり、まったく言葉が出なくなってしまったり、何を言っているのかわからなくなったりする人がいます。いわゆる「パニック」におちいってしまうのです。いくら理性的で頭の良い人でも、こうなってしまうと何もできなくなってしまうようです。みんなの視線は、すべて自分に集まっています。その自分は、しどろもどろになって何もできず、この場を終わらせることもできない。本人にとっては、恐怖とさえいえる感情に襲われていることでしょう。見ている人が、みんな自分に対して好意的であることがわかっていたとしてもダメです。実際、みんな「だいじょうぶかな、がんばれよ」「気にしないで、もっとリラックスして」「うまくいきますように……」と思って、心の中で応援してくれているものです。でも、そんな心配そうな視線がすべて自分に集中していると意識すると、緊張は爆発的にふくれあがり、さらに舞い上がってしまうのです。人にはプライドというものがありますから、そのような自分を恥ずかしいと思うのが当たり前です。強い劣等感も感じることでしょう。屈辱と自己嫌悪で、その人の心はとても傷つきます。いったん、このような恐怖を経験すると、どうでしょうか。しどろもどろになってしまった理由は、単純なものではありません。つまり解決策はないのです。次に同じように人前で話をしなければならない機会があれば、「きっと自分は、また同じようにみっともないことになってしまう」と考えてしまいます(予期不安)。その考えはまた恐怖を呼び起こしますし、よけいに緊張を大きくしてしまいます(精神交互作用)。だから、同じような結果になってしまうのです。そのくり返しで、スピーチ恐怖はどんどん悪化していきます。やがて、一結婚披露宴に招かれたけどスピーチを頼まれたから、言いわけをつくって欠席する」とか「昇進の話が出たけれども挨拶や発表が多くなるから、とてもできない」というように、人生の大切な出会いやチャンスを自分から避けるようになってしまいます。

対人恐怖
 社会不安障害(SAD)が病気として認識されるずっと前から、日本には「対人恐怖症」という精神疾患がありました。これは、相手が自分をどう思っているのかが気になるあまり、人との関係にいつも緊張と不安を強いられてしまうものです。対人恐怖症の中には、自分の口が臭いのではないか、体臭が臭っているのではないか。あるいは私のような人間は迷惑をかけているのではないか・・・といった意識をもっているケースもあります。長い問、日本の精神科医は「対人恐怖は日本にしか存在しない」と考えてきました。世界各国の精神医学の教科書に、対人恐怖に相当する病名がなかったからです。「相手が自分をどう思っているか」について、これほど強く意識するのは日本人以外にないかもしれません。私たちにはなんとなく理解できますが、それは同じ日本人としての文化を肌で理解しているからでしょう。社会不安障害(SAD)というのは、相手がどう思うかということよりも、むしろ自分かその状況に緊張し不安を覚えるものですから、従来の対人恐怖症のすべてが社会不安障害(SAD)にあてはまるというわけではありません。しかし社会不安障害(SAD)のなかにも、スピーチのような特別な状況だけではなく、ただ人と一緒にいるだけで不安で仕方ないというケースもあります。それは、社会不安障害(SAD)の治療によって改善されていきます。あとに述べる視線恐怖、赤面恐怖、発汗恐怖なども、大きいくくりでみれば対人恐怖に含めることもできます。とくに日本人の場合は、対人恐怖がからんでいると複雑な場合があります。対人恐怖症はほかの精神疾患によって起こっているケースもありますから、治療は専門医によるしっかりした診断のもとで行わなければなりません。

視線恐怖
 「目は心の窓」とか「目は口ほどに物をいう」などといわれるように、人の「目」は言葉以上のことを表すものです。たしかに私たちは、相手の目から無意識にその人の心を読んでいることがあります。相手に対して引け目を感じているようなとき、後ろめたい気持ちを隠しているようなときは、まともに相手の目を見ることがむずかしいものです。目、そしてその視線というのはそれほど、その人間を表しているのです。人の視線が気になるのは、自分が見られていると意識して、その自分がみっともないことをしているのではないか、恥ずかしい格好をしているのではないか、奇異に見られているのではないか、あるいは迷惑をかけているのではないかと考えるからでしょう。客観的に恥ずかしい状況にあれば、そういう意識もわかります。だれでも他人の視線が気になります。しかしそういう意識にとらわれすぎていると、自分が何も恥ずかしがる必要がない、立派にやっている状況でも、他人の視線が気になるようになります。このような視線恐怖は、対人恐怖症と同じように相手のことを気にするからこそ起こることですし、また統合失調症や回避型パーソナリティ障害、妄想性障害などの精神疾患でも同様の症状を表します。やはり専門医の診断をあおぐことが大切です。

赤面恐怖
 緊張やストレスを感じることによって、顔が真っ赤に紅潮する人がいます。顔が青くなる人もいますが、赤くなる人も少なくありません。耳など、真っ赤っかになってしまうので本人は恥ずかしいようです。交感神経がはたらいて、からだにストレス反応が起こっているのです。色白の人は、よけいに目立ってしまいます。このほかにも、心臓がドキドキしたり、てのひらなどに精神性発汗と呼ばれる汗をかいたりもします。まわりで見ていてとくにおかしいとは思わなくても、本人はそうしたからだの反応を自覚することによって、また「自分が緊張している」ということを意識し、さらに緊張の度合いを高めてしまいます。実際に顔が赤くなっている人もいますが、赤くなっていると思っているのぱ本人だけで、さほどでもないのに「顔が真っ赤になっているのではないか」と恐怖を抱いてしまうこともあります。それほど気にするようになってしまうのは、自律神経の一部である交感神経のはたらきが、自分ではコントロールできなくなっているからでしょう。「自分は顔が赤くなってしまう、顔が赤くなったら恥ずかしい、どうしよう……」という思いが強くなることで、意識しすぎてしまうのです。実際にはさほど赤くならない人なら、からだの過剰反応を適切な薬でおさえてあげることで「自分は赤くならない」と自信がもてるようになります。多少赤くなる人も同様です。

発汗恐怖
 緊張すると汗をかくというのも、交感神経によるストレス反応です。汗には暑いときに出る「温熱性発汗」と、緊張したり不安に感じたりするときに出る「精神性発汗」があります。ですから、緊張したときに汗をかくこと自体はなにも異常ではありません。しかし、なかには通常では考えられないほどの多量の汗をかいてしまう、それもたいして緊張するような場面ではないときに大汗を流してしまうという人が実際にいます。そし
て、そのことを気にするあまり、外出することも憂うつになってしまうのです。たとえば、コンビニに入ってガムを買って500円玉を店員さんに渡します。その500玉が汗でびっしょりになってしまうので、指先でしか持てないというのです。紙幣なども、濡れてしまうので、店員さんは「なんで濡れているのだろう」といぶかしがります。それが一時的なことではないので、本人はしだいに人との関係を遠ざけようとします。外出もしなくなり、ひきこもりがちになったりします。

外食(会食)恐怖
「食事をする」という行為は、私たちの生命維持のために欠かせないことです。食事をすることが、なぜ緊張に結びつくのかと不思議に思う人がいるかもしれません。しかし、食欲というのは、私たちのもっとも原始的な欲望の一つで、ある意味で「食べる」ということは動物的なイメージを伴います。人間社会は動物的な部分をタブーとするようなところがあるので、社会的な人間交流を潜在的に怖がっている人は、そこを過剰に意識してしまいます。おそらく、食べるという行為を見せあって一緒に「おいしい」と感じあうことは、よそ行きではない、お互いの生命の一部に触れあったような感じになるからなのでしょう。そのため、社会的なことに不安を感じる人にとっては、そのような自分の根源的な欲望を人前にさらして「食べる」という行為が、とても緊張することに感じられるのです。不安や緊張や恐怖と隣りあわせでは、食事もおいしく食べることはできません。食事を楽しむということは、リラックスしていなければいけないのです。食事中は音を立ててしまうかもしれませんし、こぼしてしまうかもしれません。人前で、あまり失礼な食べ方をしないというのはもちろん社会的に大切なマナーです。また、ろくに会話もしないで食べるようであれば、楽しく食事をするというルールから外れてしまいます。そういうことばかり考えて過剰に意識しすぎてしまう、その結果緊張してしまう、という人もいます。外食恐怖を感じている人は、ほかの人と一緒に食事する、あるいは人目のあるところで外食すると、緊張して食べたものがのどを通っていかないのです。どんな料理で、どんな昧がしたのかも、まったくわからず、ただそこにある食事をお腹におさめて(食事したふりをして残して)、一刻も早くその場を立ち去りたいのです。

書痙
 社会人であれば、人前で自分の名前を署名しなければならないことがときどきあります。たとえば結婚式やお葬式に出席するときは、受付であいさつをし、自分の住所と名前を書き入れます。カードで買い物をすれば、必ず署名が必要です。ホテルでチェックインするときも、住所と名前を書き入れなければなりません。そのとき、一人か多くても2〜3人程度の人は、自分が書いているところを見ているかもしれません。しかし、おそらく彼らはあなたの字がうまいかヘタかを見極めようとしているわけではないでしょう。ただ、何気なく見ているにすぎません。というよりも、わざわざ署名しているところをじ1つと見ている人のほうが少ないと思います。ですから、たとえ自分の字がへ夕で恥ずかしいと思っている人であっても、人前で字を書くことはあまり好きではないかもしれませんが、手がふるえて書けなくなる、などということはないのがふつうです。ところが、人前でとても緊張する社会不安障害(SAD)の患者さんは、文字を書こうとすると手がふるえて書けず、「ふるえてはいけない」と意識すればするほど手が大きくふるえてしまう、ということがあります。それを苦にするあまり、冠婚葬祭への出席を避けたり、カードで買い物ができない、ということまで起こってくるのです。とくに、カードで買い物をして自分の名前がふるえて書けないという状況は、もしかしたら盗んだカードではないか、バレたらどうしようと思って緊張しているから手がふるえているのではないか・・・などと考えてしまい、とても困るようです。本人はまさか社会不安障害(SAD)という病気とは思っていませんが、だからといって放っておいても自然に治ることはまずありません。その間に、人生の素晴らしい出会いやチャンスを何度も逃すことになります。

振戦恐怖
 お客様がみえたときに、ていねいにお茶を差し上げるのは、だれでも緊張するものです。あらたまった席では、お茶をお出しするときのマナーというものがありますから、だれでも意識してしまうものです。万が一、お客さんの服にお茶をこぼしてしまったら取り返しがつきません。もしそうなったら、と思いながら緊張してお茶を出せば、少しくらい手がふるえることもあるでしょう。でも、それも毎日やっていれば自然と慣れるものですし、必ず上手にできるようになるものです。ところが、社会不安障害(SAD)の患者さんは、その緊張はますますふくらんでいき、意識しすぎるあまり手はブルブルと、気の毒に思えるほどにふるえてしまうのです。社会不安障害(SAD)の患者さんは、人に注目されることが苦手です。お茶を出すタイミングというのは、お客さんが会社などを訪問し、席について世間話などをしているところですから、そのときいったん会話が中断されることもあるでしょう。お茶を出されるほうは、黙ってお茶が配られるのを見る格好になってしまいます。このときも、お茶を出される人たちは、べつに接客マナーのあら探しをしようと思って黙って見ているわけではありません。でも本人は、その沈黙と視線に耐えられないほどの緊張を感じ、手がブルブルとふるえてしまうのです。「自分は手がふるえる」ということをいったん意識すると、もうダメです。自信をもって
やれば大丈夫と、いくら自分に言い聞かせていても、その最中に「いつふるえるか、こぼさないようにできるか」と、そればかり考えてしまい、結局同じようにふるえてしまうからです。ですから、この振戦恐怖も、自然に治るということはほとんどありません。

腹鳴恐怖
 私たち人間も、動物の仲間であることは間違いありません。お腹が鴫ることもあるし、香りが強いものを食べれば口が臭うこともあります。しかし、社会的な人間同士の交流のなかでは、そのようなことはマナー違反だったり、その場にそぐわなかったりします。だから、たとえば取引先の相手と真剣に商談をしているようなときにお腹がダーツと鴫ってしまったら、だれでも恥ずかしいものです。しかし社会不安障害(SAD)の患者さんは、まだお腹が鴫っていないのに「これから私のお腹が鴫るのではないか」「鴫ったらどうしよう」とひどく心配して、過度の緊張や不安を感じてしまうことがあります。お腹が鴫るというのは、そうそういつもあるとは思えませんが、不思議なことに、腹鳴恐怖を感じている人のお腹は実際によくグーッと鳴るようなのです。腸という臓器のはたらきは心の動きにとても敏感といわれますから、過度のストレスによって下痢や便秘になることも少なくありません(過敵性大腸症候群)。そういった関連で、お腹が鴫ることも多いようです。とくに困るのは、クラシックコンサートのように、とても静寂な緊張感を、たくさんの聴衆とともに味わっているような場面です。オーケストラでピアノがソロ演奏するようなところでは、セキをすることすら許されない雰囲気です。そんなタイミングで自分のお腹がグーッとなってしまたっら、周囲のキツイ視線がいっせいに向けられるかもしれません、。それならまだよいほうで、失笑があちこちから湧いてしまったら、自分もこれ以上ないほど恥ずかしい気持ちになってしまいます。それは絶対にあってはいけないと思うのでしょう。ですから、腹鳴恐怖を感じている人は、講演会やコンサートなどに出かけないようにしてしまうのです。

電話恐怖
 人と会話するときはとくに問題がないのに、電話だと緊張するという人もいます。社会不安障害(SAD)には「相手の視線が怖い」という症状もありますが、電話では逆に、相手の目や表情がわからないという不安感が高まるのでしょう。そのために電話だとなぜかぎこちなくなってしまう、あるいはそっけなくなる、口数が少なくなる、という人もごく普通にいるだろうと思います。しかし、恐怖を感じるほどに緊張して、電話を取ることに不安や恐怖まで感じるというのは、社会不安障害(SAD)の可能性が考えられます。きっかけはさまざまで、電話でなにか失敗した経験があったり、とてもつらいことを言われたという過去がある人もいます。本人はまさか病気だとは思いもしませんが、放っておいても良くなることはまずないでしょう。ただ、電話に出なくてすむような仕事を探したり、交流関係を選択したりして、電話で話す場を避けるようになります。それは現代社会ではとても窮屈な話ですし、やはり自分の行動の範囲を狭めたり、能力の可能性を小さくしたり、成長のチャンスを逃したりしているはずです。治療で成功体験を少しずつ重ねていき、「自分は電話でもしっかりしゃべれるんだ」ということを信じられるようにもっていきます。

排尿恐怖
 これは男性に多い症状です。公衆トイレや公共施設のトイレでは、男性の小用トイレは当然、個室ではありません。見ず知らずの他人と並んで「立ちション」ということになるわけです。もちろん、すいているときは人が用を足している隣は遠慮して、離れたところを選択するものです。排尿だって、できれば一人でしたいのが当たり前だからです。男性トイレで一つおきに用を足しているのは、よく見られる光景だと思います。でも、混んでくればそんなことは気にしていられません。のぞけば見られてしまう状況で排尿しなければいけない、というのは決して歓迎すべき状況ではありませんが、公衆トイレというのはそういうものですし、ふっうは子どものころからそういうトイレには慣れていますから、とくに問題なくできます。わざわざのぞく人もいません。しかし、人前で過度に緊張してしまう社会不安障害(SAD)の症状として、それが困難になる場合があ
ります。人に対して意識しすぎてしまうために、排尿できなくなってしまうのです。それなら、わざわざ人ごみでトイレに行かなくても、人のいないトイレで用をすませればいいじゃないかと思うかもしれませんが、コンサートやスポーツ観戦などのイベント会場ではそれもむずかしくなってしまいます。トイレに行けないということだけで、やはり自分の行動を制限するようになってしまうのです。


社会不安障害(SAD)の解説

社会不安障害(SAD)と言われる、スピーチ恐怖、対人恐怖、視線恐怖、赤面恐怖、発汗恐怖、外食(会食)恐怖、書痙、振戦恐怖、腹鳴恐怖、電話恐怖、排尿恐怖、引っ込み思案、恥ずかしがり屋、あがり症は治ります。人に対して緊張や不安や恐怖を覚え、それを回避していることで人生にマイナス点を残しているのなら、適切な治療によって確実に治っていきます。

□ 社会不安障害(SAD)とは?
□ 社会不安障害(SAD)の症状
□ 社会不安障害(SAD)の原因
□ 社会不安障害(SAD)の治療


うつ病治療薬・抗うつ剤の個人輸入代行通販購入

>>>海外の医薬品通販ならベストケンコー / 配送100%保障!正規品100%保障!満足度100%!

うつ、メンタルケアのお薬は、プロザックのジェネリックFluoxetine(塩酸フルオキセチン)が成分のフルニル10mgやファイザー製のゾロフト100mgなどをベストケンコーより個人輸入可能です。ベストケンコーでは、うつ病や心の病を患っている方に対し薬の個人輸入で少しでもお手伝いできればと思います。

個人輸入代行

24時間OPEN
商品代金だけで全国どこでも商品無料!




100%正規品・満足度・配送保証



全国送料無料!