薬通販ベストケンコー > プロザック大全 > プロザックをめぐる状況
> プロザックがアメリカで大流行した背景

世界最大級のオンライン・ドラッグストア

抗うつ剤・抗不安薬 匿名で手軽にジェネリック調達

ハッピードラッグ「プロザック」の人気の秘密

 こと薬物に関してアメリカほど各種の薬が話題になる国はない。ドラッグカルチャーという言葉は、アメリカで生まれ、日本に輸入された概念である。

 若者のドラッグカルチャーといえば、一般に大麻などの違法な薬物に対する若者の行動パターンを意味する。常にアメリカは違法な薬物の宝庫といってよい。エクスタシー、大麻、コカイン、スピードなどなど。多くの違法な薬物が次から次へと登場し、このドラッグカルチャーは単に個人の問題ではなく、教育、犯罪、政治、経済の問題にまでなって、国家間の戦争にまで発展しそうな局面もある。

 アメリカは、伝統的にプラグマティズム(実用主義)の国である。プラグマティズムは「有用さ」という概念が鍵となる。この概念がアメリカ人の行動特性を見る一つのものさしになる。ドラッグは、有用であるかどうかがはっきりしているものである。この点では、アートとはまったく違う。アート(芸術)では有用さは大切ではない。

 プラグマティズムという基本的な性格傾向は、アメリカ人のエグゼクティブにも浸透している。能率を上げ、創造的で個性的であること。個として自立できること。そのために有用なものにはついつい簡単に手を出してしまう。

 コカインの使用もその一例である。数年前まで、エリートのコカイン使用者が急増した。企業によっては、社員にコカインの使用をチェックするために、不意討ちの検査を実施したところも相当数に上り、マスコミの話題を独占した時期があった。

 コカインは、違法な薬物であり、精神依存がきわめて強く、乱用すると妄想やひどいうつが出現してくる。しかし、徹夜しなければいけない超多忙なビジネスマソにとって、コカインの覚醒効果と癒しの効果は競争社会を生き延びるためには、一応は有用だったのである。アメリカ映画で、コカイン常習者が登場しない映画を見つけることが難しいといった事態にまでなったのは驚くべきことで、違法ドラッグはアメリカ社会の深い病根である。

 合法ドラッグの市場もきわめて大きく、総合ビタミン剤、頭をよくするスマートドラッグ、精神を増強する数々の薬、健康を維持するためのさまざまな機能食品がスーパーのなかで氾濫している。

 アメリカ人の意識のうえでは、プロザックは重い精神失調の薬としてではなく、誰もが服用して効果のある「人間をより有能にする薬」として認識されているのである。プロザック服用後、「それまでまったく理解できなかったフランスの構造主義の本がすらすらと理解できた」「今までの落ち込んでいた気分が嘘のように晴れた」「性格を変える薬、毎日一回一錠、安全は保証つき」といった具合に報道され、このマスメディアの報道がまたプロザックの流行に拍車をかけたのである。

 また、プロザックと従来の抗うつ薬の違いは、副作用が少ないだけではない。

 うつの大に従来の抗うつ薬を使ってよくなったときでも、それはうっが改善してもとの状態に戻れたということである。

 しかしプロザックを使用してみて感じるのは、もとの状態よりもよりよい状態に気分を改善することができるようなのである。うつを治すだけでなく、人間をハッピーにする薬かもしれないのだ。

 しかも、人工的につくられた幸せではなく、その人が本来持っているプラスの側面を引き出すことでハッピーになれるのである。これは他の薬物とはまったく異なる点である。だから、今まで経験したことのないような明るい気分になれることも少なくない。これがアメリカで多くの軽いうつの人にプロザックが好まれる理由の一つではないだろうか。

 また、医師のなかにもプロザックの賛美者が現れ、プロザックを礼賛する本がベストセラーになり、プロザックを希望する人が増えた。

 ここにいたってプロザックは、医師が数ある抗うつ薬や精神安定薬、あるいはカウンセリングによる治療のなかから「選ぶ」のではなく、「患者が自ら希望する薬」となったのである。いわば、プロザック教という新宗教が誕生したのである。

 この背景には、イーライーリリー社の販売戦略もあった。それまでの処方箋を必要とする薬の宣伝といえば、決まって医者に対するものであった。それを一転して、新聞紙上などで一般の消費者に対して、プロザックを直接宣伝し、一般の人々のなかにプロザックの安全で有効だというイメージを定着させたのである。

 すなわち、アメリカでプロザックが大流行している背景には、
1.アメリカのプラグマティズム(実用主義)
2.ドラッグカルチャー
3.厳しい競争社会のなかでの個人への強いストレス
4.プロザック自身の薬としての優れた性質
5.マスメディアを通した一般への普及
6.プロザックを賛美する医師のつくった新宗教(あるいはカルト)
7.イーライ・リリー社の販売戦略
 があるのである。


プロザックをめぐる状況

アメリカで大人気のプロザック

□ プロザックがアメリカで大流行した背景
□ プロザックがアメリカでなぜ一般に広く使われたのか
□ プロザックがあればカウンセリングが不要なのか
□ プロザックで性格は変えられのか


うつ病治療薬・抗うつ剤の個人輸入代行通販購入

>>>海外の医薬品通販ならベストケンコー / 配送100%保障!正規品100%保障!満足度100%!

うつ、メンタルケアのお薬は、プロザックのジェネリックFluoxetine(塩酸フルオキセチン)が成分のフルニル10mgやファイザー製のゾロフト100mgなどをベストケンコーより個人輸入可能です。ベストケンコーでは、うつ病や心の病を患っている方に対し薬の個人輸入で少しでもお手伝いできればと思います。

個人輸入代行

24時間OPEN
商品代金だけで全国どこでも商品無料!




100%正規品・満足度・配送保証



全国送料無料!