薬通販ベストケンコー > プロザック大全 > プロザックの解説
> 脳内薬品・SSRI「プロザック」が心を操る:その1

世界最大級のオンライン・ドラッグストア

抗うつ剤・抗不安薬 匿名で手軽にジェネリック調達


SSRI・プロザックの特徴1

アメリカ・ニューヨーク州。プロザック(脳内薬品)を飲んでいる人は2000万人以上。中心となっているアメリカでは、あらゆる地域、年代、職業に亘っています。

ニューヨーク州・ウエストチェスター地方に住むキャスパー・ナイゼスキーさん。40歳。職業は大工さんです。

2年前脳内薬品のひとつ「SSRI」を飲み始めました。しかし、この薬に辿りつくまでに、心の病との長い戦いがありました。キャスパーさんは子供の頃から度々、いじめを経験し、二十歳になった頃は人前に出るのも嫌になったほど、人間嫌いになったと言います。

『私の心の大部分を占めていたのは恐怖心でした。とにかく、不安が次から次へと湧き上がってくるのです。私は電話にも出れなくなりました。ひどい時は一日中ベッドに横たわり、眠る訳でもないのに、ベッドに横たわっていました。外に出るのが恐かった。誰かと話すのが、とても恐かったのです。』

キャスパーさんは、恐怖心を紛らわすために、アルコールに走るようになりました。さらに、新しい人間関係を作れば救われるかもと、結婚したのも丁度その頃です。娘さんも一人生まれました。しかし、アルコール中毒はますます酷くなり、娘が5歳の時、ついに、娘も妻も去って行きました。

『正直なところ、娘と一緒にいるのが恐かったのです。娘に臆病な自分を見られたくなかったというのが真実なのかもしれません。娘のことは本当に愛していました。愛していたからに自分の人生と関わらせたく無かったのです。私は娘に相応しい父親ではありませんでしたからね。』

キャスパーさんが自分の心の病気を本格的に治そうと思い始めたのは6年前です。カウンセリングなど、様々な治療を試みましたが、完全には良くならず。2年前、精神科医から薬を勧められました、しかし、クリスチャンでもあるキャスパーさんは、人工的に脳をコントロールするということには、そもそも抵抗がありました。

『思わず泣いてしまったのを覚えています。薬を飲むかどうかということで泣いてしまったのです。これはとても難しい決断でした。私には2つの選択肢しかありませんでした。薬を飲むか、あるいは、恐怖心をもったまま、人生そのものをどうでも良いと思って生きるか?私は薬を飲むことにしました。そうするしか無かったのです。』

キャスパーさんに薬を勧めたのは、コーネル大学のデルディート教授です。デルディート教授は、キャスパーさんのような病気は、脳の中の化学物質がバランスを崩したためであり、たとえ、脳であっても、安全な薬であれば、使うことに問題は無いと考えています、

コーネル大学・ニューヨーク病院
ジョセフ・デルティート教授

『うつ病などは、脳が変化してしまっている訳ですから、それを薬で整え、ふつうの状態に戻すのは、自然なことだと思います。それ程重症の患者でなくとも、薬は積極的に使うべきです。うつ病、強迫神経症、社会恐怖症などを治すのに、確かに他に治療法はありますが、何と言っても薬物療法が最も効きますからね。』

薬はキャスパーさんの想像を超えて、驚くほど良く効きました。

『普通の生活が出来るようになったのです。それは、本当に素晴らしいことでした。だって、生まれてこのかた普通の生活が出来なかったのですから。恐怖心は何処かへ消えていってしましました。不安も全く感じなくなりました。とにかく、素晴らしい感覚でした。信じられないことですが、これがほんの一週間の内に起こったのです。薬を飲みはじめてから、薬を飲むにつれて、全てがでんどん良くなって行きました。気分も良くなったし、幸せな気持ちになりました。生まれてから、ずっと塞ぎこんでいたばかりの私が、気がつくと笑っていたのです。』

薬によって劇的に性格が変わったと語るキャスパーさん。
最近は、離れ離れに暮らしている娘さんと、半月に一度は会えるようになりました。

アメリカに代表されるストレス社会、激しい競争、多発する犯罪、複雑な家族関係。アメリカでは全人口の10%のも及ぶ人々がうつ病と診断されています。私達の心を押し潰していくストレス。最新の研究で、このストレスの影響が脳の細胞にまで及ぶことが突き止められました。

ロックフェラー大学のマガリニィオス博士。博士は精神的ストレスが脳の神経細胞をどう変えるかを研究しています。博士が実験に使っているのはツパイという動物。リスに似た小型の哺乳類です。まず二匹のオスのツパイを一つの檻の中で飼います。すると争いが起こり、どちらかのツパイが優位に立ちます。二匹の優劣が決まった段階で、再び引き離し、隣同士の檻で飼います。巻けた方のツパイは、強い相手のツパイをまじかに感じて暮らし、日々精神的ストレスが溜まり、人間のうつに近い症状になります。この時、ツパイは、精神状態が変わっただけではありません。実は脳の組織にも大きな変化が現れているのです。

普通のツパイの脳の神経細胞です。樹状突起と呼ばれる沢山の枝が伸びて、他の神経細胞とネットをワークを作っています。こちらは28日間。ストレスに晒されたツパイの脳の神経細胞。樹状突起が枯れたように無くなり、縮んでしまっています。四週間ばかりのストレスが脳の神経細胞を傷つけてしまったのです。

ロックフェラー大学・神経内分泌学研究室
アナ・マリア・マガリニィオス博士

『うつ病は、脳の中の物質のアンバランスであることが解っています。そして、その脳の化学的アンバランスが結果として神経細胞を傷つけるという物理的変化をもたらしているのです。動物、もしかすると人間も長期間に渡ってストレスを受け続けると、神経細胞が死滅してしまう可能性が大きいのです。』

ストレスの重圧から、なんとか逃れたい。人々を心を癒すと名打った薬に群がります。サンフランシスコにある自然食品店。売り場の半分以上は薬で占められいます。その数、数千種類。百種類以上の成分を組み合わせ、頭の回転を良くするという薬。脳の中に存在する物質を成分にして若返りを謳ったメラトニン。ハーブを成分にした幸せになれる薬。中には普通の食べ物と同じような感覚で気楽に薬を口にする人もいます。

『映画の題名や誰が出ていたのかと、思い出そうとしても中々思い出せないことが良くあったのですが、薬を飲むようになって、随分と良くなりました。』

『朝起きると、いつも自殺したい衝動に駆られるのです。この10年間ずっとです。それで、薬を飲むのです。すると、気分が180度変わって、気分が良くなります。』

この中でもこれまでに無い薬として関心を集めているのが、プロザック(脳内薬品)「SSRI」です。脳の特定の部分にだけ直接働きかけ、副作用はほとんど無いとされています。誰でも医者の処方箋さえあれば、薬局で簡単に買うことができます。その為、それほど重い心の病でなくとも、ちょっと不安を感じるという程度で、多くの人々がこの薬を飲んでいると言われています。服用者は2000万人以上。その数は年を追って急激に増え続けています。

このプロザック(脳内薬品)。いったい脳の中でどのように働くのでしょう?脳は数百億という神経細胞が網の目のように集まって出来たネットワークです。しかし、この神経細胞は、全て繋がっている訳ではありません。神経細胞と神経細胞の間は、五万分の一ミリ程の隙間が開いています。この隙間の情報伝達に重要な役割を果たしているのが脳内物質。現在次々と見つかっており、その種類は五十とも百とも言われております。

脳内物質の一つセロトニン。人間の感情に深く関わっているとされています。セロトニンは神経細胞の末端から放出され、相手側の神経細胞に辿り着き、専用のスイッチを押して情報を伝えます。そしてその一部は、再び元の神経細胞に回収されます。

脳内薬品・SSRI「プロザック」が心を操る:その2 へ続く


プロザックの解説動画

プロザックの服用者は2000万人以上。その数は年を追って急激に増え続けています。

□ 脳内薬品・SSRI「プロザック」が心を操る:その1
□ 脳内薬品・SSRI「プロザック」が心を操る:その2
□ 脳内薬品・SSRI「プロザック」が心を操る:その3
□ 脳内薬品・SSRI「プロザック」が心を操る:その4


うつ病治療薬・抗うつ剤の個人輸入代行通販購入

>>>海外の医薬品通販ならベストケンコー / 配送100%保障!正規品100%保障!満足度100%!

うつ、メンタルケアのお薬は、プロザックのジェネリックFluoxetine(塩酸フルオキセチン)が成分のフルニル10mgやファイザー製のゾロフト100mgなどをベストケンコーより個人輸入可能です。ベストケンコーでは、うつ病や心の病を患っている方に対し薬の個人輸入で少しでもお手伝いできればと思います。

個人輸入代行

24時間OPEN
商品代金だけで全国どこでも商品無料!




100%正規品・満足度・配送保証



全国送料無料!