薬通販ベストケンコー > プロザック大全 > 抗うつ剤使用のポイント

世界最大級のオンライン・ドラッグストア

抗うつ剤・抗不安薬 匿名で手軽にジェネリック調達

うつ病は病気なのか?

 日本では、15人にI人は生涯にうつ病にかかるといわれています。最近では社会問題としてとり上げられるほど、うつ病の人が増えてきているともいいます。
 
 ところで、そもそも「うつ」は病気なのでしょうか。

 うつ病の症状は、@気分が落ち込む Aやる気が起きない B人に会いたくない Cイライラが募る D追い詰められた感じがする E消えてなくなりたい F眠れない などが挙げられます。 

 気分の落ち込みは、長い人生で誰しも経験することです。親しい人を失ったり、それまでやりがいに感じていたことが突然できなくなってしまったりしたときには、気の滅入りや無気力感を経験するものです。

 その症状も数日間だけなら問題ないでしょう。ところが気分の落ち込みが長く続き、やがて「会社に行けない」、「布団から出られない」、「家事が手につかない」というように、日常生活に支障をきたし、さらには「自殺したい」という気持ちを抱き、生命が危機にさらされることがあるのです。このような深い気分の落ち込みが2週間以上続くと、うつ病であると診断されます。

 病気であれば、病院で治療を受けたいと考えるでしさ〜専門家に相談することで、安心できるものです。

 窓口としては、心療内科と精神科があります。町には心療内科のクリニックも増えてきたので、気軽に行けるのではないでしょうか。心療内科を訪れる人は年々増えてきています。心療内科の門をくくりづらいのであれば、内科で相談する人もいます。うつ病は食欲が減退する、関節が痛む、眠れないなどの身体症状が出ることもあるので、併せて相談してみるといいでしょう。

 医師は、治療が必要なうつ病患者であるかどうかを最初の診察で時間をかけて判断します。憂うっな気分が毎日途切れずに続いているか、生活に変化があるのかといった話を聞きます。昼間は意欲的に活動し、一見、問題がなさそうに生活していても、毎朝、起きたときに激しい気分の落ち込みを繰り返しているケースは、うつ病の特徴だともいわれています。表面上はわかりにくい、また本人は自覚していないうつ症状も、医師は確認して、診断してくれます。

 現在、うつ病の治療には、おもに薬が使われています。うつ状態にある人は、脳内の神経伝達物質のうち、セロトニンやノルアドレナリンが減少していることがわかっており、それらを増加させる抗うつ薬を使用するのです。日本では20種類の抗うつ薬が認可されており、うつ病と診断されたら、このうちのどれかが処方されるでしょう。このほか、症状により抗不安薬、睡眠薬、抗精神薬が処方されます。


抗うつ剤解説 MENU

うつ状態の治療には薬物療法の他にも心理療法などさまざまな治療方法があるが、抗うつ剤を中心とした薬物療法が最も早く効果を発揮させ、確実に効果を表すとされている。副作用に注意しながら、治療効果が最大限に得られるようにしていくことが大切である。

□ 抗うつ剤使用のポイント
 ・抗うつ剤の基礎知識
 ・うつ病の診断基準
 ・抗うつ剤の種類
 ・「うつ」を科学で解明できるか?
 ・第一世代の抗うつ薬 | MAO阻害薬
 ・日本で一般的に用いられるている抗うつ薬 | 三環系抗うつ薬
 ・抗うつ薬と抗不安薬の違い
 ・幸福感も自殺もセロトニン次第?
 ・新生代の抗うつ薬 | SSRIの登場
□ 抗うつ剤の副作用
□ 抗うつ剤の飲み合わせ
□ 抗うつ剤の依存性
□ 抗うつ剤の種類と働き
 ・SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬) | 抗うつ薬の種類
 ・SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬) | 抗うつ薬の種類
 ・三環系抗うつ薬 | 抗うつ薬の種類
 ・四環系抗うつ薬 | 抗うつ薬の種類
 ・NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬 | 抗うつ薬の種類
□ ジェネリック医薬品とは?


うつ病治療薬・抗うつ剤の個人輸入代行通販購入

>>>海外の医薬品通販ならベストケンコー / 配送100%保障!正規品100%保障!満足度100%!

うつ、メンタルケアのお薬は、プロザックのジェネリックFluoxetine(塩酸フルオキセチン)が成分のフルニル10mgやファイザー製のゾロフト100mgなどをベストケンコーより個人輸入可能です。ベストケンコーでは、うつ病や心の病を患っている方に対し薬の個人輸入で少しでもお手伝いできればと思います。

個人輸入代行

24時間OPEN
商品代金だけで全国どこでも商品無料!




100%正規品・満足度・配送保証



全国送料無料!