薬通販ベストケンコー > プロザック大全 > 抗うつ剤使用のポイント
> 日本で一般的に用いられるている抗うつ薬 | 三環系抗うつ薬

世界最大級のオンライン・ドラッグストア

抗うつ剤・抗不安薬 匿名で手軽にジェネリック調達

三環系抗うつ薬とMAO阻害薬の仕組みの違い

  現在、うつの治療には、副作用の問題からMAO阻害薬よりも三環系・四環系抗うつ薬が用いられるようになっています。三環系、四環系というのは、化学構造が炭素の環を3つ、あるいは4つ持っていることからつけられた名称です。精神科でよく処方されるトフラニルやアナフラニルといった薬は三環系の抗うつ薬です。

 三環系抗うつ薬もMAO阻害薬と臨床的には似ていると言えます。その働きがMAO阻害薬と同じようにモノアミンの活性を高めるという点でも共通しています。ただし、モノアミンの活性を高める仕組みが異なっているのです。

 MAO阻害薬のページで「ニューロンの再取り込み機構」について紹介しましたが、三環系抗うつ薬は、主にモノアミンのひとつノルエピネフリンをニューロンが再取り込みするのを遮断する作用があります。

 MAO阻害薬は再取り込みされたモノアミンを分解する酵素(MAO)の働きをブロックすることで、モノアミンの活性を高めましたが、三環系抗うつ薬は前シナプスの再取り込みポンプ機構を遮断するのです。

 それによりノルエピネフリンなど(セロトニンを含む場合もある)神経伝達物質をよりたくさんシナプス間隙に残留させます。また再取り込みが起きると前シナプスは神経伝達物質の遊離をストップさせる什組みができています。これは過剰に情報(神経伝達物質)が送られないようにする負のフィードバック・システムです。ところが再取り込みが遮断されてしまうため神経伝達物質はどんどん供給され遊離されていくことになります。

 そして遊離されたたくさんの神経伝達物質が後シナプスに結合します。これはモノアミンの活性が高まったことになります。このように見てくると、三環系抗うつ薬とMAO阻害薬の仕組みの違いは、ちょうど同じ山の頂上を目指すのに別のルートから登るようなものであることがわかります。


抗うつ剤使用のポイント MENU

うつ状態の治療には薬物療法の他にも心理療法などさまざまな治療方法があるが、抗うつ剤を中心とした薬物療法が最も早く効果を発揮させ、確実に効果を表すとされている。副作用に注意しながら、治療効果が最大限に得られるようにしていくことが大切である。

□ 抗うつ剤使用のポイント
 ・抗うつ剤の基礎知識
 ・うつ病の診断基準
 ・抗うつ剤の種類
 ・「うつ」を科学で解明できるか?
 ・第一世代の抗うつ薬 | MAO阻害薬
 ・日本で一般的に用いられるている抗うつ薬 | 三環系抗うつ薬
 ・抗うつ薬と抗不安薬の違い
 ・幸福感も自殺もセロトニン次第?
 ・新生代の抗うつ薬 | SSRIの登場
□ 抗うつ剤の副作用
□ 抗うつ剤の飲み合わせ
□ 抗うつ剤の依存性
□ 抗うつ剤の種類と働き
 ・SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬) | 抗うつ薬の種類
 ・SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬) | 抗うつ薬の種類
 ・三環系抗うつ薬 | 抗うつ薬の種類
 ・四環系抗うつ薬 | 抗うつ薬の種類
 ・NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬 | 抗うつ薬の種類
□ ジェネリック医薬品とは?


うつ病治療薬・抗うつ剤の個人輸入代行通販購入

>>>海外の医薬品通販ならベストケンコー / 配送100%保障!正規品100%保障!満足度100%!

うつ、メンタルケアのお薬は、プロザックのジェネリックFluoxetine(塩酸フルオキセチン)が成分のフルニル10mgやファイザー製のゾロフト100mgなどをベストケンコーより個人輸入可能です。ベストケンコーでは、うつ病や心の病を患っている方に対し薬の個人輸入で少しでもお手伝いできればと思います。

個人輸入代行

24時間OPEN
商品代金だけで全国どこでも商品無料!




100%正規品・満足度・配送保証



全国送料無料!