薬通販ベストケンコー > プロザック大全 > 抗うつ剤使用のポイント > 抗うつ剤の副作用

世界最大級のオンライン・ドラッグストア

抗うつ剤・抗不安薬 匿名で手軽にジェネリック調達

抗うつ薬の副作用について

抗うつ薬はセロトニンやノルアドレナリンなどのモノアミンの再取り込み阻害作用、ムスカリン性アセチルコリン受容体遮断作用(抗コリン作用)、アドレナリン(α1)受容体遮断作用、ヒスタミン(H1)受容体遮断作用などを持ち、その薬物の構造や作用の特性から三環系、四環系、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)、SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)、その他に分類することができる。抗うつ薬の副作用は、その薬理作用に関連したものが多<、分類別に特徴かおる。ここでは、よくみられる副作用と稀であるが注意が必要な副作用について述べるとともに抗うつ薬の副作用全般についての注意事項を解説する。

1.よくみられる抗うつ薬の副作用

三環系抗うつ薬では,ムスカリン性アセチルコリン受容体遮断作用、アドレナリン(α1)受容体遮断作用、ヒスタミン(H1)受容体遮断作用による副作用が発現しやすい。ムスカリン性アセチルコリン受容体遮断作用により、□渇、便秘が高頻度に発現し、眠気や排尿障害、視調節障害、頻脈もみられることがある。そのため、前立腺肥大や、心伝導障害のある患者への投与は注意が必要である。眼圧を上昇させるので、緑内障の患者には抗コリン作用の強い抗うつ薬は禁忌となっている。また、高齢者などではせん妄を引き起こすことがあるので、注意が必要である。アドレナリン(α1)受容体遮断作用により、起立性低血圧やめまい、眠気が発現することがあリ、高齢者では転倒に注意が必要である。ヒスタミン(H1)受容体遮断作用により、眠気、倦怠感、体重増加が発現することがある。

SSRIでは、セロトニン系に関連した副作用が発現しやすい。嘔気などの消化器症状は、治療継続とともに改善していく一過性のものである。他に性機能障害が発現することもある。また、アクチペーション症候群と呼ばれ、不安、不眠、焦燥感などの精神症状が顕著となることかあり、症状の変化に注意が必要である。

SNRIでは、セロトニン系およびノルアドレナリン系に関連した副作用が発現しやすい。ノルアドレナリンに関連した副作用として排尿困難が発現することが=あリ、尿閉(前立腺疾患など)では投与禁忌となっている。

また、噪うつ病のうつ状態の患者に抗うつ薬を投与する場合には、抗うつ薬の種類にかかわらず躁転することがある。躁状態の既往がない場合も躁転の可能性があるため、注意深い病状の観察が必要となる。

2.稀であるが注意が必要な抗うつ薬の副作用

・退薬症候
急激に抗うつ薬を中断すると退薬症候が発現することがある。これはSSRIに多く、中断から数日後にめまい、倦怠感、嘔気、下痢、頭痛、発汗、悪寒、筋肉痛などの身体症状や不安、不眠や抑うつなどの精神症状が発現するものである。特に高用量を用いているときには急に中止せず,漸減することが必要となる。

・けいれん発作
これはけいれんの闘値を下げるためであリ、てんかん患者等への投与はよリ注意が必要である。

・過量投与時のリスク
三環系抗うつ薬には心毒性がみられる。過量投与で致死的となるため、自殺企図のおそれがある患者に三環系抗うつ薬を使わざるを得ないときは、処方日数を少なくするとか家族など他者が管理するなどの対応が必要になる。

・セロトニン症候群
セロトニン作動薬投与中に生じるもので、錯乱や興奮、軽躁状態などの精神症状、ミオクローヌス、反射の亢進、発汗、下痢、振戦、悪寒・発熱などの身体症状を呈し、時に死に至る。

・悪性症候群
抗精神病薬に比べて頻度は少ないものの、抗うつ薬による悪性症候群も報告されている。高熱、強度の筋強剛、意識障害、血圧の変動等をきたすむので、早期に診断、治療が必要となるため、注意が必要である。

3.抗うつ薬の副作用に関する注意点

抗うつ薬は効果の発現まで少なくとも1〜2週間を要するが、眠気、□渇、便秘、嘔気などのよく認められる副作用は開始直後から発現する。つまり抗うつ薬開始直後は効果がみられず、副作用のみ目立ってしまうため、患者は症状がかえって増悪したと誤解して、効果発現前に自己判断で内服を中止してしまうことがある。このため、回復までの時間が延長したり、治療薬の選択肢を狭めてしまったりする可能性もある。また、治療中に症状がある程度改善すると、抗うつ薬を内服継続する必要はないと考えて、自己判断で中止や減量をしてしまうこともある。早すぎる抗うつ薬の内服終了や突然の内服中断は、再燃の危険が増加したり、退薬症候の危険が生じたりする。いずれにしても薬物療法を行っているときは、効果や副作用について患者と治療者が十分にコミュニケーションをとりながら、二人三脚で治療を進めていくことが大切である。


抗うつ剤解説 MENU

うつ状態の治療には薬物療法の他にも心理療法などさまざまな治療方法があるが、抗うつ剤を中心とした薬物療法が最も早く効果を発揮させ、確実に効果を表すとされている。副作用に注意しながら、治療効果が最大限に得られるようにしていくことが大切である。

□ 抗うつ剤使用のポイント
 ・抗うつ剤の基礎知識
 ・うつ病の診断基準
 ・抗うつ剤の種類
 ・「うつ」を科学で解明できるか?
 ・第一世代の抗うつ薬 | MAO阻害薬
 ・日本で一般的に用いられるている抗うつ薬 | 三環系抗うつ薬
 ・抗うつ薬と抗不安薬の違い
 ・幸福感も自殺もセロトニン次第?
 ・新生代の抗うつ薬 | SSRIの登場
□ 抗うつ剤の副作用
□ 抗うつ剤の飲み合わせ
□ 抗うつ剤の依存性
□ 抗うつ剤の種類と働き
 ・SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬) | 抗うつ薬の種類
 ・SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬) | 抗うつ薬の種類
 ・三環系抗うつ薬 | 抗うつ薬の種類
 ・四環系抗うつ薬 | 抗うつ薬の種類
 ・NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬 | 抗うつ薬の種類
□ ジェネリック医薬品とは?


うつ病治療薬・抗うつ剤の個人輸入代行通販購入

>>>海外の医薬品通販ならベストケンコー / 配送100%保障!正規品100%保障!満足度100%!

うつ、メンタルケアのお薬は、プロザックのジェネリックFluoxetine(塩酸フルオキセチン)が成分のフルニル10mgやファイザー製のゾロフト100mgなどをベストケンコーより個人輸入可能です。ベストケンコーでは、うつ病や心の病を患っている方に対し薬の個人輸入で少しでもお手伝いできればと思います。

個人輸入代行

24時間OPEN
商品代金だけで全国どこでも商品無料!




100%正規品・満足度・配送保証



全国送料無料!