薬通販ベストケンコー > プロザック大全 > 抗うつ剤使用のポイント > ジェネリック医薬品とは?

医療費の負担を軽減するジェネリック医薬品

新薬を開発した製薬会社には、特許の出願により20〜25年特許の権利が与えられ、独占的に製造販売することができる。また別に薬の発売から4〜10年は有効性と安全性を確認することが義務付けられている。

しかし、その時期を過ぎると、製法や成分の情報は国民の財産として、同じ成分で同じ効き目の医薬品を多くの製薬会社から製造販売することができる。これをジェネリック医薬品と言い、新薬の有効性と安全性が確認された後に製造され、販売されている薬である。厚生労働省で定めた基準・試験に合格している医薬品であり、新薬と同じ効き目と安全性が確認された上で許可されているため、安心して服用できる。

新薬の開発には、10〜15年の期間と研究開発費が150億円以上かかるものもある。ジェネリック医薬品は特許が切れた後の薬について、製剤化研究、品質試験、生物学的同等性試験などを行い、厚生労働省の定めた基準に合格することで製造承認を得ることができる。3〜4年の期間と数千万円の開発費で済むため、ジェネリック医薬品は新薬の7割以下の価格,全体では新薬の5割ほどの価格で供給されている。したがって、患者さんの負担も国の医療費も節約できる。また、ジェネリック医薬品は単に新薬のコピーということではなく、製剤上の工夫がされていることもある。錠剤を小さくしたり、コーティングを施したり、薬剤の認識性を高めたりといった配慮も行われている。

2006年の各国におけるジェネリック医薬品の普及率は、アメリカ63%、カナダ61%、イギリス59%、ドイツ56%であリ医療で使用される医薬品の半分以上がジェネリック医薬品であるが、日本では僅か17%に過ぎない。ジェネリック医薬品を上手に使用することで、医療費の負担を軽減することは、わが国の医療自体の将来を考える上でも重要な課題と言える。


抗うつ剤解説 MENU

うつ状態の治療には薬物療法の他にも心理療法などさまざまな治療方法があるが、抗うつ剤を中心とした薬物療法が最も早く効果を発揮させ、確実に効果を表すとされている。副作用に注意しながら、治療効果が最大限に得られるようにしていくことが大切である。

□ 抗うつ剤使用のポイント
 ・抗うつ剤の基礎知識
 ・うつ病の診断基準
 ・抗うつ剤の種類
 ・「うつ」を科学で解明できるか?
 ・第一世代の抗うつ薬 | MAO阻害薬
 ・日本で一般的に用いられるている抗うつ薬 | 三環系抗うつ薬
 ・抗うつ薬と抗不安薬の違い
 ・幸福感も自殺もセロトニン次第?
 ・新生代の抗うつ薬 | SSRIの登場
□ 抗うつ剤の副作用
□ 抗うつ剤の飲み合わせ
□ 抗うつ剤の依存性
□ 抗うつ剤の種類と働き
 ・SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬) | 抗うつ薬の種類
 ・SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬) | 抗うつ薬の種類
 ・三環系抗うつ薬 | 抗うつ薬の種類
 ・四環系抗うつ薬 | 抗うつ薬の種類
 ・NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬 | 抗うつ薬の種類
□ ジェネリック医薬品とは?


うつ病治療薬・抗うつ剤の個人輸入代行通販購入

世界最大級のオンライン・ドラッグストア

抗うつ剤・抗不安薬 匿名で手軽にジェネリック調達

うつ、メンタルケアのお薬は、プロザックのジェネリックFluoxetine(塩酸フルオキセチン)が成分のフルニル10mgやファイザー製のゾロフト100mgなどをベストケンコーより個人輸入可能です。ベストケンコーでは、うつ病や心の病を患っている方に対し薬の個人輸入で少しでもお手伝いできればと思います。

個人輸入代行




全国送料無料!