プロザックの効能・効果・副作用・服用方法・口コミ・体験談 / 激安プロザック個人輸入代行通販購入

世界最大級のオンライン・ドラッグストア

抗うつ剤・抗不安薬 匿名で手軽にジェネリック調達

飲むうつ病治療薬「プロザック」概要




プロザック | フルオキセチン | 20mg×30錠 | イーライリリー




SSRI・選択的セロトニン再取り込み阻害薬「プロザック」

副作用の少ない画期的な抗うつ剤「プロザック」

「本来の自分が取り戻せた・・・・」「自分の社交性に始めて気づいた・・・・」プロザックを飲み始めたうつ病患者たちは、やがてこんなことを口にするようになる。こうした驚くようなSSRI・プロザック効果に、世界の熱い視線が注がれているのだ。日本やアメリカなどの文明先進国には、自分の精神状態について、本当に困っている人が多い。精神科医やカウンセラーを転々として、10年以上もの間、うつ病や摂食障害に悩まされているという人が目立っている。SSRI・プロザックは、こうした人たちにとって福音ともいえる“副作用の少ない画期的な抗うつ薬”として登場した。

SSRIとは「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」を略した名称であり、1990年代にアメリカで急速に普及した。なかでも「プロザック」はその代名詞的存在で、シェア第一位となっている。成分的には「塩酸フルオキセチン」という化学物質で、1980年代に開発及び、医学的効果が確認され、イーライ・リリー社から1988年に発売された。

SSRI・プロザックはアメリカで、一時「奇跡の薬」とまで賞賛された。従来のうつ病治療薬とはまったく違った効果を示したからだ。それは、自分に自信のない人や悲観的な人などの消極的な性格を明るく、快活なプラス思考の性格に変える薬として注目された。

この薬が世界的に知られるようになった最大の理由はおそらく、うつ病患者の治療薬としてよりも、非常に多くの健康人によって使用されるようになったためと見られます。とにかくこの薬を飲むと、気分が高揚してエネルギッシュで快活になるとされたのです。

たとえば、これから重要な取り引きに向かうビジネスマンや、大勢の人々の前で講演などをするというときに緊張しやすい人、あるいは女性とのはじめてのデー卜に出かける気弱な男性などが、自宅を出る前にこの薬を服用します。すると明るく自信に満ちて振舞えるようになるというのです。こうしてプロザックは、病気の治療薬というより、積極的で元気な日常を送り人生で成功するための魔法の薬か家庭の常備薬のようになってしまったというわけです。

プロザックはうつ病に対して70%の治療効果をあげることができるといわれる。そしてアメリカの臨床例から、次のようなさまざまな精神的な症状に効果をあげられることがわかっている。

・過食症、拒食症などの摂食障害
・パニック障害
・強迫性障害
・恐怖症
・PTSD(心的外傷後ストレス症候群)

アメリカでは精神科医だけでなく、内科の医師もプロザックを処方するようになっている。すでに全世界で2000万人以上が「プロザック」を服用してきたといわれている。プロザックは「ビジネスエリート競争に勝ち残るための必須アイテム」とまで形容されています。

プロザックは、飲み始めてから実際に聞き始めるまでに、平均的に2週間〜2ヶ月前後かかると言われています。でのすので「何だか飲んでみたけど、効かない・・・」ということでやめてしまうのではなく、長い目で見ることが大切です。また副作用として、よく言われるのが「目まい・吐き気」です。ただこれは飲み始めや、増やした直後に一部の人に出るだけで、長期的にはほとんどなくなっていくと言われています。また突然にやめたりすると、その副作用が強く出る人もいます。増やす場合も減らす場合も、少しずつ。医師の指示に従った上で服用した方がいいでしょう。

プロザックが、最初にアメリカで発売されたとき、それこそ「夢の薬」と言われました。実際、最初のSSRIであるプロザックという薬は日本では認可がおりませんでしたが、それでも個人輸入などで服用される方は後を絶ちません。

日本では認可されていない世界的抗うつ薬「プロザック」

現在、日本で認可され使われているSSRIには3種類あります。1999年、最初に認可されたのが「フルボキサミン」(製品名「ルボックス」。「プロザックに似た化学式をもっている)。これは1983年に、世界で最初に認可されたSSRIです。次いで日本国内で2000年に認可、発売されたのが「パキシル」(製品名)で知れらている「パロキセチン」。これは日本で広く使われています。そして2006年に3番目に認可されたのが、「セルトラリン」(製品名「ジェイゾロフト」)です。

世界的にもっとも有名なSSRIが「プロザック」(製品名9で、これは「フルオキセチン」です。プロザックは1988年にアメリカで発売され、新世代の抗うつ薬として「ハッピードラッグ」などとも言われ、広まりました。しかし、日本ではいまだに承認されていません。

日本でもっともよく使われているパキシルはというと、服用をやめると頻脈(ふつう成人の安静時の心拍数が毎分50〜70回であるのに対して、100を超える状態になること)になりやすいなど具合が悪くなる「離脱症状」が出やすいことが指摘されています。こうしたSSRIの離脱症状は「SSRI中止症候群」と言われます。

ところが、日本で承認されていないプロザックは頻脈にならないのです。なぜそのような違いが出るかといえば、生体内の代謝にかかる時間が異なるからで、プロザックのほうがパキシルよりも、体内に残っている期間が長いのです(パキシルは16時間程度、プロザックは24時間以上)。

ですから、パキシルは比較的短期間でよく効いて、やめるとまた大きな副作用があるのですが、プロザックのほうが体内に低濃度で長くとどまるため、離脱症状がそれほどひどくはならないのです。


プロザックの基本的な使用説明書

プロザックの成分

ヒドロクロライド(塩酸塩)を含む20rのフルオセチンを含有。

プロザックの効果

うつ病・・・抗うつ性疾患の微候の治療に。
強迫神経症・・・憂鬱をともなうか否かにかかわらず、強迫感にとらわれた微候に。
過食神経症・・・憂鬱をともなうか否かにかかわらず、過食の治療に。
その他。

うつ状態は、脳内のある部分における化学物質のアンバランスによって引き起こされるとされています。このアンバランスが体全体に影響を及ぼし、元気がない、活動的でなくなる、生活を楽しむことができない、食欲不振或いは過食、寝つきが悪い、早く目覚めてしまう、性衝動を失う、エネルギー不足で何でもないことに対して罪悪感を感じる等々、精神的、肉体的に様々な症状を引きおこします。プロザックはうつ病治療のための抗うつ剤です。プロザックはこの化学物質のアンバランスを調整し、うつの症状を和らげる手助けをします。重症のうつ病に対してだけではなく、落ち込んでいるといった軽い症状に対してもその効果を発揮致します。

プロザックは、過食症や強迫性障害(OCD)の治療に用いらています。また、月経前不快気分障害(PMDD)、過度に敏感な月経前症候群(PMS)への治療にも用いらてれます。プロザックが中毒性であるという証拠はまだ見つかっておりません。また、依存症になりにくいという利点を持っています。

プロザックの効果一覧

□ 抗うつに対する効果
□ 性格を変える効果
□ 強迫観念に対する効果
□ 社会不安障害に対する効果
□ 過食症に対する効果
□ 早漏症に対する効果
□ 抗肥満薬としての効果
□ パニックディスオーダーに対する効果
□ 心的外傷後ストレス症候群(PTSD)に対する効果

プロザックの用法・用量

経口により、成人のみ使用する。

○うつ病の成人、初老期の方・・・1日20r〜80r
初めは1日20rの服用を勧める。服用量を増やすほど副作用の可能性も増え、最初は副作用の反応が少なくとも数週間後に反応があらわれることも考えられるので服用は慎重に。

○強迫神経症・・・1日20r〜60r
初めは1日20rの服用を勧める。服用量を増やすほど副作用の可能性も増え、最初は副作用の反応がくとも数週間後に反応があらわれることも考えられるので服用は慎重に。

○過食神経症の成人、初老期の方・・・1日60rの服用を勧める
服用量を増やすほど副作用の可能性も増え、最初は副作用の反応がなくとも数週間後に反応があらわれることも考えられるので服用は慎重に。

プロザックの服用方法

「うつ」に対しては1日1錠(朝食後)、「過食症」に対しては1日2〜3錠を服用するのが妥当とされている。プロザックには覚醒作用があり、不眠になりやすいので午前中に飲むようにする。添付の説明書の記載では服用量は1日20r〜80r(1〜4錠)であるが、多く服用してもうつに対する効果は変わらないという報告もあり、副作用のリスクを高める可能性もあるので注意を要する。うつに対する効果が実感できた後は、2日に1錠、4日に1錠など、服用の量を減らしても効果が持続する場合もあるとのこと。

プロザックの副作用

全身・・・無気力、発熱
消化器系・・・吐き気、下痢、口の渇き、食欲不振、消化不良、嘔吐
神経系・・・頭痛、いらいら、不眠、眠気、不安、震え、目眩、疲労、性欲減退
呼吸器系・・・喉頭炎、呼吸困難

プロザックを服用しない方が良い場合

フルオセチンに対する過敏症
腎臓、肝臓の機能不全のある患者
妊娠中および妊娠の可能性のある場合、授乳中、幼児の服用
他の抗うつ薬など、多量のアルコールとの併用

プロザックのの取り扱い上の注意

室温にて保管(18℃〜25℃)


抗うつ薬「SSRI」は危険な薬なのか?

「SSRI」も「SNRI」も危険な薬ではありません

うつ病は、過剰なストレスや慢性的な疲労などにより、セロトニンやノルアドレナリンといった脳内物質の働きか弱くなると発症すると考えられています。ここでは詳細な薬理作用や作用機序(薬が体に作用するしくみ)は割愛しますが、SSRIは脳内のセロトニン濃度を、SNRIはセロトニンとノルアドレナリンの濃度をある程度維持することで、うつ病を改善する薬です。

SSRIが日本で認可された1999年当時、「飲めばすぐ効く」「性格が変わる」「ハッピードラッグ」などとマスコミにも取り上げられ、画期的なうつ病治療薬として、患者さんからも大きな期待が寄せられました。そして現在、100万人以上の患者さんへの処方が推定されるほど普及しています。

ところが最近、SSRIを服用すると「自殺念慮(絶えず自殺を考える)」「暴力性、攻撃性が増す」「人格が改造される」といった危険性を指摘するネガティブな論調が多く、服用している患者さんがとまどうケースが多いようです。

ただSSRIは、従来の三環系や四環系の抗うつ薬が持つ副作用(抗コリン作用による口渇や、起立性低血圧に起因するめまいや立ちくらみなど)が少なく、患者さんも医師も使いやすい薬です。 それに、自殺衝動、暴力行動などは三環系抗うつ薬や四環系抗うつ薬にも認められていますし、各国の研究では「SSRIの服用により、自殺者が増えた」といった説得力のある科学的なデータは報告されていません。

したがって、誤解をおそれずに言えば、SSRIもSNRIも危険な薬ではありません。ただ、アメリカ食品医薬品局(FDA)から警告が発せられたように、未成年者の服用は慎重を期すべきです。また、患者さんもSSRI服用後、効果が出ないという理由なとがら自己判断で薬の服用を中断しないこと。SSRIに限らず抗うつ薬や精神安定剤を用いる時、患者さんが勝手に薬の服用をやめると、思わぬ副作用が現れる危険性がたかくなります。十分に注意してください。

「SSRI」と「SNRI」の違い

SSRIとSNRIの違いは、その名のとおりです。SSRIは基本的にセロトニンをターゲットにしてセロトニンを上げる、SNRIはセロトニンとノルアドレナリンを同時にターゲットにして両者の濃度を上げます。

SSRIのしくみを簡単に説明しておきましょう。神経伝達物質であるセロトニンは、神経(ニューロン)から放出されます。そのセロトニンは受容体にくっつくことで、はじめて作用するのです。その際、インパルスと呼ばれる電気信号が使われます。その信号が神経細胞の軸索の末端に蓄えられていたセロトニンが神経細胞のあいだである「シナプス間隙」に放出され、やがてセロトニン受容体(レセプター)に作用します。

一般的にセロトニン神経が活性化されていれば、そこからセロトニンが十分に放出されています。ただし放出されても、受容体と結びつかなかった余ったぶんは、再利用のために、神経末端にある「トランスポーター」(再吸収口)から回収されることになります。つまり、シナプス間隙にたまったセロトニンは、「セロトニン・トランスポーター」から再取込み(吸収)され、再利用されるのです。

ところが、うつ状態の人はシナプス間隙におけるセロトニン濃度が低すぎるため、セロトニン受容体にセロトニンが作用しにくい状態になっています。そこで、セロトニン・トランスポーターに作用してセロトニンの再吸収を阻害することによって、シナプス間隙のセロトニン濃度を高く保つ(結果として、セロトニンが受容体に届いて作用することに結びつく)ようにする・・・これがSSRIの働きです。

このように、セロトニン濃度を上げる薬としてSSRIを、そしてノルアドレナリン濃度を上げる薬としてSNRIを私たち人類は見つけたのです。SNRIはたしかにノルアドレナリン濃度を上げますが、セロトニンについてもくわしく調べてみると、薬によって違いはありますが、ほとんど同程度にセロトニン濃度も上げているものがあります。また逆にSSRIについても、ノルアドレナリンにも作用していることがわかっています。

ですからSSRIとSNRIの違いは、結果的には、セロトニンかノルアドレナリンか、どちらに多く効いているかといった程度でしかないようです。


うつ病治療薬・抗うつ剤の個人輸入代行通販購入

>>>海外の医薬品通販ならベストケンコー / 配送100%保障!正規品100%保障!満足度100%!

うつ、メンタルケアのお薬は、プロザックのジェネリックFluoxetine(塩酸フルオキセチン)が成分のフルニル10mgやファイザー製のゾロフト100mgなどをベストくすりより個人輸入可能です。ベストケンコーでは、うつ病や心の病を患っている方に対し医薬品の個人輸入で少しでもお手伝いできればと思います。

個人輸入代行

24時間OPEN
商品代金だけで全国どこでも商品無料!




バイアグラ・プロペシア・ルミガンの個人輸入 | 薬通販ベストケンコー

100%正規品・満足度・配送保証



全国送料無料!